結婚相談所から生まれる恋愛

結婚は身体がするものである。恋愛における身体と結婚における身体とでは求められるものが異なるのは、恋愛にはプラトニック・ラブというものがあっても、結婚の場合にはないことからも分かる。

「できちゃった婚」について、男性側の母親から小声で告げられたことがある。「女性が子どもを産める身体だと分かるから、できちゃった婚の方が都合がいいこともあるのよ」

結婚前の妊娠をふしだらであるという因襲的な見方はせず、事前に妊娠テストにパスした嫁を迎える方が合理的だと考える親たちが台頭しているのである。

そういえば、昔は女性が男性の家に嫁いで来ても、子どもが生まれてはじめて入籍することも珍しくはなかった。男性側の親と家にとって、息子の結婚は孫(子孫)を産んでくれる女性の選別であった。

にんよう男性の家にとっては、女性の妊苧性こそが結婚の最大の才能なのかもしれない。結婚してから、「子どもはまだ?」「いつ孫の顔を見せてくれるの?」と姑が悪気なくであっても言うのは、不妊女性にとって一番つらい詮索である。

不妊が外部から持ち込まれた「家の問題」であると考える姑は今も日本中に数多く存在する。

だから、結婚しても子どもが生まれない場合、女性の方がまず病院に検査に行かされる。そこで「不妊症」と診断された時、あまりのショックで病院から家に帰った経路を覚えていないという人がいた。

自分の身体にそういう「病気」があると告げられると、「結婚H出産」という図式を自明のものとして内面化していた女性が受ける衝撃には図り知れないものがあるのだ。

「不妊症」を自ら「中途障害者」と命名した女性がいた。結婚するまで「不妊症」であることなど想像もしなかったので、自分が「完全な結婚」のできない「障害」のある身体を持った事実をどう受け入れていけばいいのか分からなくなる。女性は、夫と結婚していたのではなく、夫によって作る「家族」という幻想と結婚していたのである。

もちろん、子どもがいなくても結婚は完全なものであると考える人はいる。そういう人にとっては、女性が原因の「女性不妊」であれ、男性が原因の「男性不妊」であれ、あるいは「原因不明」であれ、それを受け入れる素地はできている。「子どもができなければ、それはそれでいい」と考える人は、夫婦と親、特に夫の親との聞に自ずと距離を設けている。

「事実婚」というのは、そういう親の詮索から自由でいられる方策の一つである。しかし、その場合、結婚の単位はあくまで夫婦のみとなるので、そこに「事実婚」のパラドクスが生じる。結婚を制度としては批判しながら、夫婦聞に恋愛の実質が存在することを確認しこだわなければならない。「事実婚」は、最も「夫婦の一体感」に拘る夫婦なのである。

結婚相談所で恋愛結婚

結婚願望を露出させていませんか?

「私は、30歳までに、絶対、結婚するんだから」「入社5年目までが勝負よ。それまでに、結婚退社してやるんだから」「私は、どうしても結婚したいの。少々の欠点なら、目をつぶってもいいわ」あなたは、このような鼻息の荒い女性ではありませんか。

結婚したいのはよくわかるのですが、いささか意気込みすぎではないでしょうか。結婚を大目標としているのでしょうけれど、やれお見合いだ、やれ友人の紹介だ、やれ合コンだ、と張り切りすぎていないでしょうか。

はっきりいいますが、これでは、最初からダメですよ。どんな男だって、いきなり結婚を全面に出してこられては、ひいてしまいます。本人がいくら真剣でも、それは努力の空回りというものです。

お見合いにしろ、合コンにしろ、紹介にしろ、いきなり初対面で会った男に向かって、「私、結婚したいんです」といえば、たいていの男は、つきあうのをためらうでしよう。たとえ真面目な恋愛をしたい男でも、そうです。

せしそんことわざ「急いては事を仕損じる」という諺もあるとおり、最終目標を急いではいけないのです。常識的に考えてみてください。「どこかに、結婚してくれる男いない?」と目を血走らせている女性は、近寄りがたい、声をかけにくい雰囲気を振りまいているのではないでしょうか。

あなたは兇が「結婚したい女」ですか?ほとんどの男は、女性が結婚を匂わせる発言をすると(「子どもが好きだ」とか、こうそ〈「毎日料理を作ってあげたい」とか)、とたんに身構えます。

女性に完全に拘束され、束縛されるような気持ちになるのかもしれません。すでに別の本で指摘したことがあるのですが、ヘンに肩肘を張らずに、リラックスしている女性ほど、男にモテます。なぜかというと、そういう女性と一緒にいると、男のほうも、同じようにリラックスできるからです。

男は、どこか「聞の抜けた」感じの女性が好きです。一緒にいて疲れないからです。男が、年下の若い女を好むのも、女性の年齢が下であるほど、自分が精神的に上位に立てますので、リラックスできるのでしょう。男は、リラックスさせてくれる女性ダ27を本能的に好むのです。

男が、一番リラックスしてっきあえる女性といえば、母親ですね。どんな男も、ある意味で、マザコンなんですが、その理由は、世界で一番リラックスできるからでしょう。「結婚したい、結婚したい、結婚したい・・・」みなさんの気持ちは、よく理解できます。

しかし、それを声や表情に出してはいけません。念仏のように「結婚したい」をくり返しても、結婚できるわけではありません。願いを叶えたいのなら、もっと違う方法を使いましょう。

結婚できない男たちが「結婚相談所」に行く理由

先ほどから、晩婚、晩婚と、バンコンのススメを書いておりますが、ではいったい晩婚とは何歳からをいうのでしょうか。しかし私としては、これに答えるわけにはいきません。

ちょうど適齢期が何歳かを問うことが無意味であるように、晩婚が何歳かを間うことは、意味がありません。三十歳の早婚がいるかもしれないし、二十歳の晩婚がいるかもしれません。

つまり、年齢はまったく問題ではないということなのです。トシではなくて、その人の人間的な成熟度、あるいは生き方の見通しが立っているかどうか、そこが結婚を決める尺度になるのです。

もし、その人にとって四十歳が適齢期なら、その人は晩婚でも早婚でもない、ちょうどいい年齢ということになるでしょう。私は繰り返し繰り返しこのことを書いていますが、つまりは、言いたいことは一つです。

歳だから、ただそれだけのことで、あせったり、親や周囲の人を安心させようと結婚することはないのです。

兄が結婚しやすくなるために、妹が早く結婚するなんて、こんなおかしなことは考えてほしくないからなのです。まず、自分の生き方を決める、一人前の人間であるかどうか、よく考えてから決める、その姿勢がほしいのです。

これは、男性に対してもいえます。よく、日本の結婚は、半人前同士の結婚、〇・五と〇・五を足して一になる結婚といわれていますが、とんでもない。

これからの結婚は、結婚相談所で成婚を目指すのです。相手にも一を求める代わり、自分も一になっていること、これが結婚を決めるときのポイントだと思います。前に述べた、″人” から”H” へは、ここでもいえることです。

・最近は、男性のほうが結婚難なのだそうですね。一人前になれない男が増えた。女性はどんどんご人前化” しているのに、男性のほうは、古い女性観に縛りつけられていて、「オレに黙ってついてこい」式の発想、ただ威張りたかったり、自分の話だけをエンエンと喋りまくって嫌われたり、あるいはオドオドして話も出来なかったり、とにかく一人前化していない男が増えてるんだそうです。

これも、仕事優先思想の中で、うまく人間関係を作れない男の悲劇なのでしょう。しかも、多くの男は年下の女と結婚したがりますから、人口構成からいっても、二十代後半から三十代初めの男性が大幅に余ってしまっています。