水道水の問題点

ウォーターサーバーの利用が増えてきました。理由は、水道水の安全性に疑問視されているからです。

そこで、ウォーターサーバーの比較をする際に、改めて水道についても考えてみましょう。

浄水場で塩素を使っても、水が汚れていなければトリハロメタンは生成されないので、きれいか地下水を原水としている水道なら安心かというと、決してそうではなかった。一九八一年にアメロカーサンノゼ市にある、シリコンバレーと呼ばれている地域の井戸水から、五八〇〇ppbといら高濃度の有機溶剤が検出され、これも発ガン性物質とされているため、住民に大きな不安を与えた。IT企業が集まるシリコンバレーで起きたことから「IT汚染」と呼ばれ、有機溶剤のトリクロロエチレン、テトラクロロエチレンなどを洗浄剤として使っている、半導体工場が汚染源として特定された。

わが国でも一九八一年に当時の環境庁が、全国一五都市にある浅井戸一〇八三、深井戸二七七{について地下水調査を実施したところ、トリクロロエチレン、テトラクロロエチレン、}トジクロロエチレンなどの有機溶剤成分が基準をオーバーしていることが判明した。有機溶剤は半導体工但ばかりでなく、クリーニング、塗装、メッキなどの工場でも多く使われていることから、全国的な汚染の広がりが懸念された。

一方、都会から離れていて、工場排水による汚染がない地域の水道にも問題があった。高度成長時代にも自然環境に恵まれた山村などがゴルフ場になり、広い芝生に生える雑草を除くため、除草剤などの農薬が散布されている。その農薬が地中に浸み込んで地下水を汚染したり、川に流れ込んで水源を汚染する「農薬汚染」も問題となった。除草剤、殺虫剤、殺菌剤などの農薬は通常は検出される濃度は低いが、多く使われる春から夏にかけて濃度が高くなり、除草剤の中には塩素と化合して毒性の強い物質を合成するものもある。トリハロメタン以外にも、有機溶剤や農薬などの有害物質が次々と明らかになり、人々の水道水への不安や不信は一段と深まり、水道水は「危ない水」という印象を誰もが持つようになってしまった。

その原因として考えられるのは、浄水処理工程での塩素の使用量が増えたことだ。塩素には殺菌だけでなく、酸化という作用もある。酸化作用によって水中のアンモニア性窒素、溶解性鉄分、溶解性マンガン、有機物などを酸化し除去する目的でも使われている。アンモニア性窒素は下水などの生活排水に含まれるもので、水源の河川や湖の水汚染が進んだため、それを浄化するために酸化剤としての塩素の使用量が増え、昔に比べてカルキ臭が一層強くなったわけだ。