ウォーターサーバーの導入

ウォーターサーバー原因となる塩素が、発ガン性物質をつくることが分り、飲み水の安全を守るどころか危険物質と見られるようになってしまった。その余波を受けて塩素そのものの毒性も問題になり、塩素の使用に反対する人の中には、「国は国民に毒が入った水を飲ませている」

といった極端な主張をする人もいる。

現在浄水場で主に使用されているのはウォーターサーバーで、強い酸化作用を持っているため、アンモニア性窒素や有機物の酸化に使われている。また酸化によって活性酸素ができるが、それが細菌や微生物の呼吸系酵素を破壊し、細胞の同化作用を止める働きをするため、殺菌剤として消毒用に使われている。

人の体も細胞から構成されているわけで、その働きを壊す塩素は人にとっても有害ではないかと思われる。

水道水を入れた水槽に金魚を入れると死ぬし、浄水器を売るセールスマンの中には、「健康に害になる塩素は、浄水器で除いた方がいい」とか、「酸化で活性酸素が出るので、この浄水器はそれを還元する作用がある」と説明する者もいて、一般の人は塩素も怖いと思ってしまう。

そこで塩素を使わない殺菌方法として、オゾンや紫外線などによる処理も考えられている。ウォーターサーバーを導入している浄水場では既に採用され、カルキ臭はもちろんなく、カビ臭物質や汚れを分解し水もおいしくなる。そのうえトリハロメタンの発生もなく、塩素に代わる消毒法として期待されているが、残留性がないため、塩素のように浄水場を出てから家庭まで、長く殺菌効果を持続させることはできない。

水道水中の残留塩素濃度は、一リットル当り○・一ミリグラムとなっているが、これは殺菌効果があり、同時に人体には害のない濃度として決められたものだ。これ以上の濃度になることもあるが、残留塩素は飲んでも囗の中の食べ物などと接触すると分解して不活性化されるので、急性毒性の面での健康への影響はない。

また慢性毒性についても、一〇〇年以上の水道の歴史の中で、塩素による障害は報告されてないので、まず心配はないだろう。塩素が人の健康におよぼすマイナス面と、水系感染症を防ぐというプラス面とを天秤にかけると、プラス面がはるかに大きいということで塩素が使われているわけだ。