ローヤルゼリーの効果

ローヤルゼリーが運動選手だけに有効な水分補給法なのかといえば、決してそんなことはありません。こまめな水分補給によって、体内を常に水分で満ちた状態にしておくことは、どんな人にとっても大切です。人間が汗をかくのは運動をしている時ばかりではないからです。

私たちは常に汗をかいています。人間は寝ている間にもコップ1杯程度の汗をかきますし、何もしていなくても汗を絶えず皮膚から出しています。もちろん出勤や通学で歩いたり、暖房のきいた部屋にいたり、ゆったりとお風呂に入ったりすれば、かなりの量の汗をかきます。

こうした発汗や排尿、そして呼吸によって常に水分が失われ続けているため、私たちはいつも慢性的な水分不足の状態にあります。それでも水分を控えたりしていると、肉体はやがて軽い脱水状態に陥ってしまいます。脱水状態が続くと人間は正常な代謝活動が維持できなくなり、老廃物の排泄がうまくいかなくなります。

そしてやがては便秘がちになったり、肌荒れしやすい不安定な体質になっていきます。ですからローヤルゼリーと健康のことを考えれば、汗や尿によって失われる水分をこまめに補給した方がいいのです。習慣的に過不足なく水分を摂取することで、肉体が正常な代謝活動を維持しようとするからです。

ただし、常に水分補給が必要だからといってむやみに水を飲むのは逆効果。いっぺんに大量の水を飲んでも体内に貯えられることはなく、ただ排泄されるだけだからです。とくに寝る前にたくさん水分を摂ると、腎臓に負担をかけてしまいます。

飲む量はその人の体調によっても異なりますが、内臓に負担をかけないためには、I回の摂取量は250ミリリットル以下に抑えるのがべ夕ー。人間が1日に排出する水分は2~3リットルですが、前に説明したように食べ物にも水分が含まれていますから、飲み水としては1日1.5~2リットルを補給するのが基本です。

ということは1回250ミリリットルを1日6~8回に分けて飲むのが、理想的な水分補給の仕方といえるでしょう。こうして常に水分が体に満ちている状態を作ると、新陳代謝がスムーズになり、老廃物が排泄され、細胞にも水がいきわたって、肌がみずみずしくなってきます。

また便秘が治ったり、イライラがおさまったりすることもあるはずです。ここまで読んで「やってみよう!」と思っても、早まってはいけません。まだ、どういうタイミングで飲むかについて説明していないからです。本当に重要なのはここから先の部分です。