結婚できない男たちが「結婚相談所」に行く理由

先ほどから、晩婚、晩婚と、バンコンのススメを書いておりますが、ではいったい晩婚とは何歳からをいうのでしょうか。しかし私としては、これに答えるわけにはいきません。

ちょうど適齢期が何歳かを問うことが無意味であるように、晩婚が何歳かを間うことは、意味がありません。三十歳の早婚がいるかもしれないし、二十歳の晩婚がいるかもしれません。

つまり、年齢はまったく問題ではないということなのです。トシではなくて、その人の人間的な成熟度、あるいは生き方の見通しが立っているかどうか、そこが結婚を決める尺度になるのです。

もし、その人にとって四十歳が適齢期なら、その人は晩婚でも早婚でもない、ちょうどいい年齢ということになるでしょう。私は繰り返し繰り返しこのことを書いていますが、つまりは、言いたいことは一つです。

歳だから、ただそれだけのことで、あせったり、親や周囲の人を安心させようと結婚することはないのです。

兄が結婚しやすくなるために、妹が早く結婚するなんて、こんなおかしなことは考えてほしくないからなのです。まず、自分の生き方を決める、一人前の人間であるかどうか、よく考えてから決める、その姿勢がほしいのです。

これは、男性に対してもいえます。よく、日本の結婚は、半人前同士の結婚、〇・五と〇・五を足して一になる結婚といわれていますが、とんでもない。

これからの結婚は、結婚相談所で成婚を目指すのです。相手にも一を求める代わり、自分も一になっていること、これが結婚を決めるときのポイントだと思います。前に述べた、″人” から”H” へは、ここでもいえることです。

・最近は、男性のほうが結婚難なのだそうですね。一人前になれない男が増えた。女性はどんどんご人前化” しているのに、男性のほうは、古い女性観に縛りつけられていて、「オレに黙ってついてこい」式の発想、ただ威張りたかったり、自分の話だけをエンエンと喋りまくって嫌われたり、あるいはオドオドして話も出来なかったり、とにかく一人前化していない男が増えてるんだそうです。

これも、仕事優先思想の中で、うまく人間関係を作れない男の悲劇なのでしょう。しかも、多くの男は年下の女と結婚したがりますから、人口構成からいっても、二十代後半から三十代初めの男性が大幅に余ってしまっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です