ウォーターサーバーに含まれるミネラル成分

ウォーターサーバーに含まれるミネラル成分

これらマクロミネラルのうち、カリウム、ナトリウム、マグネシウム、カルシウムなどは、水や食物から人間の体内に吸収されて〈細胞内液〉や〈細胞外液〉に溶け込みぷ心解質イオン” となります。

約50パーセント、小魚や野菜では15~30パーセント程度しか吸収率がありません。それはこれらの食品に含まれているカルシウムがイオン化されていないためです。一般的に食品に含まれるカルシウムは、炭酸カルシウムや乳酸カルシウムなど、他の物質と結合した形で存在しています。それが胃や腸によって消化されてカルシウムイオンとなり、小腸の細胞膜を通り抜けることができる大きさになって、やっと体内に吸収されます。

ところが、先ほど説明した通り、カルシウムは水に溶けることでイオン化するミネラルですから、ミネラルウォーターの中にはカルシウムが最初からイオン化されたものがあります。

こうしたカルシウムは非常に吸収率が高いのです。フランスにある、世界で唯一といわれる水専門の研究機関『ウォーター・インスティテュート・ペリエ・ヴィツテル』では、日本でも輸入販売されている〈ヅイツテル〉という水のカルシウムの吸収率について、さまざまな研究を行なっています。そしてその結果、〈ヴィッテル〉に含まれるカルシウムには、食品の中で最もカルシウム吸収率が高いとされる牛乳と、同等以上の吸収率があることがわかっています。

また、日本人には、乳糖不耐症といって、牛乳に含まれる乳糖という物質を分解するラクターゼという酵素を先天的に持っていない人がたくさんいます。たとえば牛乳を飲むとすぐ下痢をしてしまうという人がそうです。こういう体質の人は体内で乳糖を分解することができず、そのまま体外に出してしまうのですが、その時一緒にカルシウム分も排出してしまいます。

従って、こうした乳糖不耐症の人には、牛乳よりもミネラル分を多く含んだ〈ヴィッテル〉のようなミネラルウォーターの方が、はるかにカルシウム吸収率が高いといえるのです。

日本と異なり水成岩の地層でできているヨーロッパには、カルシウムやマグネシウムをたくさん含んだ水が多いため、ミネラルウォーターがミネラルの補給源として積極的に利用されています。おそらく今後は日本でも、ごうしたヨーロッパの「水でミネラル補給をする」というスタイルが、広く一般にも浸透していくと予想されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です